読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学生 IN THE HOUSE

大学生の”リアル”

著名人になりたい

学生ネタ

 

「著名人になりたい」

 

 

今この記事を書いているこの瞬間はそうでもないけど、ある時にすごく私は「著名人になりたい」と思う。

 

では、一体どんな時に私が「著名人になりたい」と思うのか。

 

それは、パソコンを使っている時やスマホを使っている時にその瞬間が来る。

 

パソコンやスマホで大学の提出物を仕上げる時や、目上の人(大学の教授とか)にメールをする時、何かの登録をする時...などなど、その瞬間は唐突にくる。

 

というか、日常茶飯事かもしれない。

 

f:id:lilmic:20160803013004j:plain

 

ちなみに「ある時」のその答えは、本名を打ち込む時だ。

 

大学の提出物に名前を打ち込む時や、アプリの登録の際に本名を打ち込まないと行けない時とかあるよね。その時。

 

本名を打ち込む際、「下の名前を一発で変換できない問題」が発生する。

 

下の名前がひらがなで5文字、漢字で3文字だからこの問題は仕方ないのかもしれないが...。

 

ちなみにこの「下の名前を一発で変換できない問題」「著名人になりたい問題」がどのように関わっているのかというと...もうわかったかな?

 

そう。著名人は名前を一発で漢字に変換できるのだ。

 

この法則はインターネット・スマホ世代の私たちは周知の事実だが、著名人になれば高確率で名前を打ち込む際、一発で本名に変換できるのだ。

 

確かに考えれば分かることだ。そもそも「著名人になれば本名を一発で変換できる」ということを考えるようになったのは、あるちょっとした理由がある。

 

f:id:lilmic:20160803014144j:plain

 

ある日、私はゼミの後輩の歓迎会のために、ゼミに関するクイズをパワーポイントで作っていた。

 

ゼミ長がアイドルグループのファンなので、「4択のうち、ゼミ長の推しメンはどれか?」という感じのクイズを作っていた時のことだ。

 

答え以外の3つが全く思いつかなかった、というよりもアイドルに関してあんまり知らなかったので(実際ゼミ長の推しメン山本彩」の下の名前を「あや」と呼んでいた)、AKB48などのアイドルグループの公式サイトから残りの3択のアイドルを決めることにした。

 

そして公式サイトで決めた3人と山本彩をパワーポイントで打ち込んでいたのだが、ここで「名前を一発で変換できる」ことに感動した。

 

何故なら、「山本彩」を打ち込んだ際、一発で変換できたのだ。

 

個人的には、「やまもとさやか」と打ち込んだ際、「山本沙也加」など、下の名前が3文字のパターンが来ると思ったからだ。

 

確かに著名人だし一発で変換できるのは当たり前のことだが、何故か打ち込んで変換した瞬間に感動した自分がいた。

 

なんか妙にマニアック?な記事になったが、とにかく、「自分の名前が一発で変換できない問題」を私のように抱える大学生も世の中には沢山いるはずだ。

 

でもいざ著名人になるとこっち系のことがあるから絶対面倒くさいよね↓

 

f:id:lilmic:20160803015757j:plain

 

ま、変換作業も一瞬で終わるしそんなに面倒くさい事でもないのだけれど。笑

 

とりあえず、山本彩が可愛すぎる問題が今度は発生したって話。